「運転」からの解放

体だけで大地を駆ける
完璧にセッティングされ体に馴染んだバイクはハンドルやステップから自分の神経が伸びていきエンジンやタイヤの動きが脳と直結する。 人が歩く時に右足を前に出して次に左足を前に出してと考えながら歩く人はいない。 それと同じように体に馴染んだバイクは自身の体と同化し「運転」することから解放される。 バイクは体の重心を移動させてコントロールするため熟練者は無意識に体が動き運転することを意識しない。
まるで自分の体だけで街や峠を走る感覚だ。 車内に閉じ込められ外界と遮断された状態でハンドルを操作する自動車ではこの感覚を体験することは絶対に出来ない。 バイクの運転技術は奥が深い、だからこそ面白い。熟練者には初心者が想像もできないような世界が広がっている。

© 2015 AUTOMOTIVE CREATOR NEXT DESIGN All rights reserved.